あかねのすきなかくこと。

毎日にこにこ、一歩ずつ進歩が目標の、日々のこと。

出口で止める

最近あんまりうまくいってなくて

仕事もミスばかりで
そのどれもが私が気づいていれば止められた案件だったりして


あー私迷惑を増やしてしまっているな、と思うことが多くなった。


2年目になって、
知らないことが減ってきて
多少なりとも自分に自信が出てきて

確かに少し一丁前に自分を過信する部分があると思う


小さなことを疑問に思ったり

私って合ってるのだろうか、これでいいのかと確かめるプロセスを吹っ飛ばしている


きっとこうだろう
きっと大丈夫だろう
そんな根拠のない自信から、
あえて吊り橋の上を無意識に渡ってしまうような仕事をしている気がする


ううん、しているなー。




結果的に、やはり間違っていたり
気にしていたところが引っかかったりして

あーあのとき確かめておけばよかった、と


あとから振り返る事が増えた。




よくない。

全く良くない。



出口で止めて質を上げるのが私の仕事なのに
私が適当に仕事をこなしていたら

それまで入り口から頑張ってきた人たちに迷惑を掛けることになる

その想像が欠けているから、どうしても自分本位担って適当にこなしてしまうんだろう



余裕がなくて
次の仕事のことを考えながら、今の業務をするから
こうなってしまうんだろう




今目の前の仕事を全力で取り組まないと
結局どんな仕事も中途半端で終わって、

その始末は色んな人を巻き込んでしまう。



自分が今何をしているのか
気になるところ、疑問に思うところはないか
なあなあな雰囲気に巻き込まれて、目を瞑ってしまっていることはないか


自分が自信を持って完結させましたと言える仕事をしているか

あとから埃が出てくるまま手を放していないか

時間がいくらかかってもいいから、
この初心に通ずることは何年たっても忘れてはいけないし
続けていくべき心がけだと痛感している



仕事をしている自分が好きなのに

職場にいるとため息ばかりで
勝手に自分を不幸にしている気がする







今日から。

今日から、毎日新人の気持ちで
常に新鮮な目で周りを見ていくようにしよう


自分がやっていることに過信せず
私はこれで大丈夫だろうかと何度も疑問に持とう


その繰り返しなのだ

急にベテランになったりプロになんかなれないから
毎日の積み重ねを確実に一歩ずつ続けていくのみなのだ




それに気付けてよかった

何もかも自分の責任ではないけど
何もかも自分の責任である、くらいの気持ちで

その先のことを見据えた仕事をしていこう

正しいことは正しいと
間違っていることは間違っていると、
それを言えるような自分でいたい。



下手な空気を読むのはやめよう。

仕事を進めていく上で、誰のために必要なことなのかを明確に据えておこう


省いていいことなんてない
1つ1つ確認して、終わらせることを優先にせず過程を大事にしていこう




忘れないように、記録。


めもめも。

広告を非表示にする